ヘッダー画像01


高く売れる不動産の条件8選

あなたの人生を左右する不動産の売買。特に不動産を「売る」という行為は人生で一度あるか無いかという程経験する事の少ない機会です。せっかく大事な不動産を売るのであれば少しでも高く売りたいと思うのが当然です。ここでは高く売れる不動産の条件を8つ集めました、是非お役立てください!

1. 交通の便が良い

バス、電車、駅などが近場にあるところは高く売れます。

購入する側の目線から見ても、これから長年住むにあたって近くに公共の交通機関があるという点は便利でとても魅力的ですね。

2. 住環境が整っている

スーパー、コンビニ、銀行、郵便局、学校等が近辺にあるといった事は勿論、のんびりできる緑の多い広い公園が近くにある、大通りから一歩入った閑静な住宅街である、治安が良い地域である等も良ポイントです。あなたの不動産は生活するのに不便が少なく、安心出来る環境にありますか?

3. 壁や床に汚れや傷が無く、建物のメンテナンスが整っている

まずは徹底的に家中を掃除しましょう。家が高値で売れるかどうかは第一印象で決まると言っても過言ではありません。出来るだけハウスクリーニング業者にも頼んで自分では手が行き届かない所までピカピカにしましょう。

査定される時に家が綺麗な状態であればあるほど有利です。

売りに出すと決めてから綺麗にするのは勿論のこと、日頃の定期的なメンテナンスは何より重要になってきます。

定期的にメンテナンスを行っていれば、いざ売るとなった時にクリーニングの為の出費を抑えることが出来ますし、自分自身も気持ちよく住む事ができるはずです。整理整頓もしっかり行って部屋を広々と見せ、お花を飾ったりするなどモデルルーム目指して綺麗にしましょう!

また、戸建ての場合外壁の色は褪せたままにしておくのではなく、綺麗に染めてあったほうが新しく見え清潔感があるので間違いなく印象が良いです。

4. 敷地面積が広い

敷地面積が広ければ開放的で快適な暮らしが見込めます。

駐車スペースも広々としていれば車を持っている人に向けて良いアピールポイントとなります。

5. 部屋の数が多く使いやすい部屋の間取りである

例えば、ギターを弾くからと防音部屋を作ったり、ダンスをするので鏡張りのスタジオルームを作ったという場合、個性的な間取りは自分にとっては夢のような間取りだったとしても、買主からすれば余計なものでしかなかったりします。やはり、一般的な部屋と間取りであるほうが良いでしょう。

6. 南向きで日当たりが良い

ベランダ・リビングの日当たりのよさは重要なポイントです。他であまりアピールできるところがなかったとしても、日当たりが良いだけでかなり有利だと言えます。

訪問査定や内覧者が訪れる際にはカーテンは全て開け、外からの光を十分に取り入れ、暗い部屋には必ず照明をつけるようにしましょう。

また、窓を開けることで風通しを良くしておくと生活臭を逃がす事が出来ますし、気持ちの良い風と空気が入りやすいお部屋なら湿気やカビの心配もされにくいです。

7. 売主の印象も大事

内覧者が訪れた時、完全に不動産会社任せではいけません。内覧者は売主の人柄や見た目もしっかり見ています、売主が好印象であれば自然とその物件も良く見られるものです。清潔な身なりと誠実な対応を心がけて応対するようにしましょう。ですが、あまりに過剰なアピールは内覧者に売りたいという必死さが伝わってしまい足元を見られてしまうのでNGです。

8. 相場を知る事が大切。複数の査定会社で査定してもらおう!

売ろうとしている不動産の適正相場を知っておきましょう。その査定額は本当に適正な相場なのか、一社だけで査定してもらうことは大変危険です。

複数の会社で査定してもらい、その中で一番高く良い条件で売ってもらえるところ、そして信頼できる会社であるかを見極めるようにしましょう。

ページの先頭へ